< 2017.12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >

[写真]石丸清隆 引退

1203maru2.jpg
1203maru.jpg
(写真:2006愛媛FC開幕戦)

我らが愛したおっさんが引退です。・゚・(つД`)・゚・
それを知ったのは、今期を象徴するような京都の負け試合が終了した後、仲間たちと合流したときでした。
まさかのことに本当に思考停止状態で、もう頭の中が「何で??」って感じになっていて…。翌日が愛媛のファン感ということで、本気で愛媛行きを考えたくらいです。

本当なら、京都で引退して欲しかったです。
草津戦のあのスーパーゴールは何度見ても素晴らしかったです。
「光一、丸さん ずっと愛しとるけん」
愛媛のサポにもほんと、愛されてたおっさんでよかった。
で、J'SGOALは丸さんの名前早く修正しやがってください。清隆です清隆!

もうね、なんかね。
すなぎもの人とメッセで話してる最中にほんまに涙でてとまらんようなったよ。「いぶし銀」っていう言葉が本当によく似合う、地味系ボランチで、でも元FWの性でシュート打ってみたり、うっかりそれがズドンと入ってみたり、おっさんゴールだったり。
愛媛メルマガのコメントを見せてもらって涙駄々漏れ。(※1)
J'SGOALのコメント(※2)で、最後まで丸さんらしくて、さらに泣くわけです。

今まで、11年間お疲れ様。そして、本当にありがとう。

※1 愛媛FC公式メルマガより

【●石丸清隆選手よりメッセージ】
「一年ちょっとという短い間でしたが、持てる力の全てを愛媛FCのために注いだつもりです。選手生活の最後をこの愛媛で終えれたことを幸せに思います。今日の試合で私はユニホームを脱ぎますが、愛媛FCは未来永劫つづいていきます。これからも皆さんの力でこの愛媛FCを支えて行ってください。」


※2 J'SGOALより
http://www.jsgoal.jp/news/00041000/00041623.html

●石丸清隆選手(愛媛FC)
「もう少しくさびのボールが入ってビルドアップできればよかったが、真ん中が堅くて、なかなかボールが入らなかった。決定的なところのミスも多いし、そういうところが来年の課題にもなるのではないかと思う」

Q:引退するにあたって
「僕の能力からしたら、11年もよくやったんじゃないかと思う(笑)。『まだ出来る』なんて言われていますが、僕の能力では十分やったんじゃないかと思う。最後なので、本当は今日は勝ちたかった」


2006-12-04 11:06 | ※(0) | TB(0) | その他サッカーネタこのブログの読者になる

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

 

この記事へのトラックバック