[WEB]W3C準拠のXHTML1.0、CSS2.1標準化

麿式TOP >> 日々のネタ >> この記事
やろうと思ってほったらかしていたので、眠気覚ましに標準化しました。
XHTMLは、[XHTML 1.0 Transitional]
CSSは、[CSS Level 2.1]です。

CSSの標準化は楽なんですが、ブログにおいてはXHTML1.0の標準化は結構大変で、ひたすらテンプレートの更新かけてエラーをつぶしていきましたよ。
(実際にこのブログの過去ログをチェックにかけたらエラーの20個くらいは軽く吐き出しますorz。まあ、過去記事の修正をしていないので正しくは、テンプレート部分の標準化というべきかな。)
標準化していてもAnother HTML-lint gatewayではトップページが80点台後半。90点台のページもあるけど…まあ、こちらはそこまで気にしていないです(ボーダーは80かなと思っているので)。

今回標準化させて思ったのが、ブログで標準化を難しくしているのはリンクコードの記述方法なんだろうな、と。
XHTMLではURI(特にAPIへのリンクやアフィリエイトリンク)に含まれる&やら?が引っかかるからなんですが…
ブログサービスは無料のところが多いし、広告表示で\(^o^)/オワタになるわけです。
最近のブログサービスの広告はXHTML1.0対応になってるのかは知りませんが楽天のアフィリエイトは\(^o^)/オワタ。って言うか全部書き直したんですけどねwww
ただし、リンクコードを若干いじる結果になったのでクリックが反映されているのかは判らんw(微妙に反映されてるくさい…)

自分用覚書(辞書登録推奨)
・&[アンド、アンパーサンド] →& &
・?[クエスチョンマーク] →?

kwskは↓
[HTMLタグMEMO]http://homepage3.nifty.com/sinka893/pc/html/
[特殊文字リファレンス]http://www.htmq.com/text/index.shtml


2008-04-04 12:00 | ※(0) | TB(0) | 日々のネタこのブログの読者になる

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

 

この記事へのトラックバック